ペンでスマホを操作しているところ

転職の際に求人を探す方法として、従来ではハローワークなどの公共施設を利用するか紙面などの媒体を用いる方法が一般的でした。
しかし、最近ではパソコンやスマホの普及率が非常に高くなった事の影響などもあり、インターネットを利用する機会が多くなっています。
現在でも、ハローワークなどの方法を利用する求職者は非常に多くいますが、特に若者の場合はWEBを利用する方法が一般的になっています。
いつでもどこでも簡単に調べることが出来る点も非常に大きな魅力と言えます。
それらをビジネスとする企業も多く登場してきましたが、利用者側の視点に立って見ると様々な点で既存の方法と違いがあります。
最も大きなポイントは、「アフターフォロー」です。

求人誌に広告を掲載する、WEBサイトに広告を掲載する、ハローワークに登録するなど様々な方法がありますが、ハローワークを利用する方法以外は基本的に企業もしくは利用者側のどちらかが「利用料」を支払う必要があります。
どちらかと言えば、企業側が広告掲載の際に費用を支払う場合が多いのですが、登録型の転職サイトなどの一部では利用者側に費用負担が必要だったり、企業・利用者双方から費用を必要としているところもあります。
企業側から見れば必要経費とも言えますが、利用者側からすると出来るだけ回避したい費用です。
しかし、その様なサービスの場合は他の無料のサービスに比べて様々なサービスが優遇されている事が多い為、メリットもあります。

そもそも、以前は転職と言う機会自体があまり多くなかったため、現在のような幅広く手厚いサービス自体は需要が無くハローワークで十二分に役割を果たすことが出来ていました。
しかし、次第に時代背景が変わってきたことで終身雇用がなくなり、個人が様々なリスク管理やセルフマネジメントを行っていく必要が出てきました。
その為、キャリアアップ思考などを持つ方が多くなり、それに合わせてハローワークの他に雑誌やWEBサイトなど様々なサービスが登場してきました。
現在、ほとんどの家庭に1台はパソコンやスマホがある状況になっており、インターネットサービスを利用した方法が最も低コストで多くのシェアを得ることが出来る方法として注目されていると言う訳です。

オススメリンク

テーブルに置かれたパソコンやコーヒー

エンジニアという職業

最近求人広告を見ると、エンジニアの仕事の求人情報は多くあります。
仕事は時期によっては残業をして遅くまで働くこともあります。
休日も家族や友人と同じよう日曜日や祝日に取ることができない場合もあります。
またネットワークを利用する仕事のため、何か不具合があった際には対応で…Read more

身支度をする男性

取引先の情報に注目

WEBエンジニアの転職には、仕事の情報の他にも取引先の情報を得ることが非常に大事なことです。
会社の中では皆と仲良くチームワーク良く仕事が出来て問題無いのに、取引先に出向くと一点して顔色を伺わなければならない環境があり、それに耐えかねて新しい職場を探すことを考えるようになったというケー…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728